忍者ブログ
私の感じたこと。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前はよく自然に住む龍を感じていたのですが、いつの間にか、全く感じなくなっています。

たぶん、もの凄く集中してその龍たちに意識を合わせれば感じられるのかもしれませんが、以前のように、意識していなくてもひとりでにつながる感じではなくなりました。

でも、私のそばにいる龍神は感じられるので、いわゆる、霊感?…がなくなったというわけではないんだと思います…。


自然の龍の中でも特に、ご縁をいただいたヨーロッパの龍たちは、素直だし可愛らしいところもあって、面白いなぁと思っていました。

彼らを感じなくなったから寂しく思ったり残念に思ったりするかというとそれがそうでもなく、自然の龍は自然だから、そこにいて当たり前というか…姿や言葉を感じなくても、いるのが普通という感じです。

今、彼らのことを思うと、山そのものを感じたり、標高の高い場所の冷たく澄んだ空気を感じたり、川の流れる感じがしたりします。

また、なぜかヨーロッパの人々のことが思われたりもします。


きっと自然の龍たちは、雨が降ったり、雲が風で流れ動いたりするのと同じように、自然の中にいて、私たちをみているんだろうなぁと思います。

雨が降っても、そこに山があっても、それが自然なわけですし^^

自然は人間を癒してくれるけど、恐ろしく厳しくもあって…それこそが龍たちなのかなとも思います。

拍手[7回]

PR
龍は清めることや人間を癒すことが出来るようですが、その龍によって得意なことが違うみたいです。

今私のそばにいてくれている龍も、また自然から生まれた知り合い(?)の龍も、清めるのが得意だったり、人間を癒すのが得意だったり、その両方とも得意だったりと、色々に感じます。

ご縁をいただいたヨーロッパの龍たちは、そのほとんどが、人間を癒すことを得意としているようです。

特にイタリアの山の龍と西フランスの龍は凄い癒しパワーがあるように思います。

日本の知り合い(…知り合いってやっぱり変ですかね^^;)の龍だと、長野県の山の龍が、人間を癒すのを得意としているみたいです。

よく来る三重県の龍は、どちらかというと清めるのが得意みたいですね…。


イタリアの山の龍と西フランスの龍、西オーストリアの龍、長野県の山の龍は、私を癒してくれたことがあります。

もちろん、私のそばにいる一番大きな龍も私を癒してくれますが、面白いことに、それぞれの癒しエネルギーの感じ方が違います。


私のそばの大きな龍は、癒しエネルギーが身体全体を包むような感じがします。

イタリアの山の龍だと、身体の内側からスッと抜けるような爽やかな感じです。

西フランスの龍は、胸の中から温かさがほわ~っと滲み出るような、優しいほんわり感がします。

西オーストリアの龍だと、パワー自体は強大ではないけれど、やはり胸のあたりに感じて元気になってきます。

長野県の山の龍は、背中の少し上に控えめなエネルギーが来るのを感じます。

このようにそれぞれ色々に感じるので、「癒し」とひとことで言っても、その中でもまた色々なのかなぁと思ったりします。


自分が疲れたからといって、いつもいつも龍神に癒して下さいとお願いするわけではないのです。

ですが、特に私を気に入って下さっている自然の龍たちは、お願いしなくても癒してくれることが時々あります…。

本当にありがたいことです。

でも、ヨーロッパの身体の大きな龍たちの癒しパワーは時に強烈なので、逆にひっくり返りそうになったり^^;

なので、自然の龍が癒して下さる時は、出来るだけ軽めにとお願いしています^^;

拍手[3回]

時折、自然に生きる龍を感じることがありますが、四六時中感じるわけではありません。

基本的には、自分がそういう…霊的なチャンネルとでもいいますか…、そういうものを合わせた時だけ感じます。

意識しなくても感じることもたまにはありますが、そういう時のほとんどは寝入りばなか寝起きのような、ぼんやりしている時です。


自然の龍とは別の、私のそばにいる龍たちを感じようとチャンネルを合わせると、実は自然の龍も近くに来ていたりすることがあります。

だんだんと自然の龍の知り合い(?)も増えてきまして、さてこの龍は前にみたけどどこの龍だったかなと思い出す作業が必要になったりします^^;

頻繁に現れる龍はイタリアの龍と三重は伊賀の龍です。

私のことを気に入って下さってるようです(笑)

他によく来るのが、三重北部の龍と、もう1体のイタリアの龍、それとフランスの龍です。

ふとした時に顔を出すのは、この他にヨーロッパと日本の龍、合わせて8~9体くらいでしょうか…。

まぁこれも、私が感じているものが本当にその龍ならば、の話なんですけど^^;

人間を騙そうとする輩もおりますので、こういった自然の龍などを感じる時は、心の瞳で感じる姿かたちだけでなく、そのものが醸し出す空気感なども総合的に感じるようにしています。


自然の龍たちは、何か言いたくて来る場合もあるみたいですが、来て何をするでもなく、私のすることを見ていたりそこらをうろうろしたりするだけのこともあります。

少し落ち込んだりするとそういう気持ちを敏感に察知するようで、大丈夫なのかと心配して来て下さる龍もいるみたいです…。

不思議なことですが、ありがたいことです^^

拍手[2回]

龍を感じるようになってから、例えば地図や自然の名勝地の写真などを見ると、龍の気配をそこに感じることがあります。

ただ、同じ龍の気配でも、色々に思います。

昔からその土地にいて静かに人間をみている龍もいれば、積極的に人間に働きかけて土地や土地の人を守ろうとする龍もいるように感じます。

逆に、人間を恨み憎んで怒りに満ちていたり、人間に対してあきれ返ってあきらめている龍や、人間を意のままに操って悪さを働こうと考える龍もいるようです。

そうかと思うと、自然から生まれたのではなく、神様のお使いとしてその土地土地に降りられた、真の龍神もおられるように思います。


野山や川には、龍が住んでいることが多いように思います。

へんてこな話ですが、時折、そこここの自然の龍とつながり、その龍の気持ちを感じることがあります。

龍たちはそのたびに、「山を汚さないでほしい」「人間は昔と変わってしまった」「人間どうし、争わないで思いやりを持ってほしい」と言います。

龍たちは、人間の行動はもちろん、行動を起こす元になる気持ちまでをもみているようです。


自分の住む近くに、土地や人間を守ろうとする自然の龍や、神様のお使いの龍神がいるかどうかなんて、普通は分からないと思います。

でも、もしそこにそういう龍が住んでいるのなら、私たち人間は、その土地の龍が怒ったり呆れたりすることにならないように暮らしていく努力も必要なんじゃないかなと思います。

私は自然の龍を感じるたびに、心正しく生きる努力をしていかなければいけないなと思うのです。

拍手[9回]

どういうわけかヨーロッパの龍たちとご縁をいただき、よく訪れる龍以外に顔見知り(…顔見知りというのもなんだかおかしいですが^^;)の龍も含めると、もう12~13体ほどになっています。

国籍(これまた国籍というのも変なのですが^^;;)から言えば、イタリアやフランスの龍が多いですが、オーストリアやアイルランド、ドイツ、スイスと、なかなか広範囲です。

中でもとても賢い龍が2体、あと最初につながった龍と、この3体が、まるでお友達紹介でもするように、私の元へ仲間を連れてきて下さるので、こうして顔見知りの龍が増えてしまいます…。

本当に不思議なことです…時々「夢物語かしら」と思ってしまいます^^;

以前はこのように龍の姿や気配を感じるたびに驚いていましたが、なんだかだんだん慣れてきてしまいました^^;;


また、ヨーロッパだけでなく、日本の山に住む龍もつながっています。

三重の伊賀のあたりの龍は、私のことを気に入って下さってるようで、ちょくちょくお姿をみせてくれます^^

その龍のいるところから少し北寄りの山にも龍神がいて、土地の方を守って下さっているようです。

岐阜や静岡にも、顔見知り(?)の龍がいます^^


きっと日本にも世界にも、自然から生まれた龍がたくさんいるんじゃないかなぁと思っています。

山や湖、川や滝など、自然が豊かなところに多いように思います。

もちろん、人間に対してよく思ってくれる龍ばかりではありませんが、人間のために動こうとしてくれる龍も存在してると思います。

そのような心やさしい龍たちは、人間に自分たちの存在を知ってもらうことを喜ぶ龍が多いように思います。


…普通はなかなか「龍を感じる」などということはないと思いますが、どういうわけか感じてしまいますので、このように書いているわけです^^;

ちょっと(というかかなり)、へんてこなんですけどね^^;;

拍手[9回]

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
おー子
性別:
女性
自己紹介:
感覚人間。
へんてこおばさん。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]